自己破産の条件とは?~基礎から分かる自己破産まるわかりガイド~

自己破産の条件とは?~基礎から分かる自己破産まるわかりガイド~

自己破産の条件とは?~基礎から分かる自己破産まるわかりガイド~

自己破産をするのは誰もができるとは限りません。いくつかの条件を満たしていなければなりません。
自己破産ができる条件として、過去七年以内に自己破産、民事再生を行い免責を受けていないことや破産の申立人が債務を返済するだけの財産や収入がないことを裁判所が認めること、債務を作った理由や経済の生活態度、破産手続き中の態度などが反社会的でないことなどがあります。
自己破産をするなら、誰もが簡単にできるわけではありません。いろいろな条件が満たされていないとできないのです。
それに、自己破産には費用もかかります。管財事件と同時廃止の2つの種類がありますが、費用も異なります。
同時廃止型の場合は、収入印紙代で1500円予納郵券代で4000円から10000円かかります。予納金は一万円から四万円と各裁判所によって異なります。
それに、弁護士費用がかかってきます。
自己破産をするにもお金は必要です。ですが、分割にしてもらえるので、安心してゆっくりと返済できます。
いろいろとお金はかかりますが、借金がなくなりますし、生活も安心して送ることができます。裁判所などへいかないと行けませんが、毎日行かないと行けないと言うこともありません。弁護士の指示に従って行けばなにも考えることもありませんし、弁護士がほとんどしてくれます。
自己破産は、できる場合とできない場合もあります。条件を満たさない限り出来ないので、まずは弁護士に相談してみることをおすすめします。