自己破産した場合の奨学金返済について【自己破産の詳細ガイド】

自己破産した場合の奨学金返済について【自己破産の詳細ガイド】

自己破産した場合の奨学金返済について【自己破産の詳細ガイド】

個人が自己破産をすれば、借金はゼロになります。滞納している税金は支払っていかなければなりませんが、銀行や消費者金融などの金融機関から借りていたお金は返さなくても良くなります。これが自己破産の目的だと言えるでしょう。

では、奨学金の返済義務はどうなるのでしょうか。これも借金の一つですから免責の対象となり、免責許可が下りれば返済しなくて良いです。借金の一つであると言うことは、民間の消費者金融と借りているのと、ほぼ同じ扱いになると考えておけば良いでしょう。奨学金というと特殊な貸付のように思えますが、実のところは普通の借金なのです。

奨学金を返還しなくてよいと考えればメリットは大きいのですが、ただ一つ注意しておきたいのは連帯保証人の存在です。借りるときに保証機関を利用している場合には、保証機関が保証人となっていますから、自己破産をすれば保証機関が代わりに返済することになります。しかし、家族に保証人になってもらった場合には、その保証人に請求が行くことになります。自己破産した本人は借金がなくなりますが、保証人はその借金を負わなければなりません。

ですから、保証人にはあらかじめ丁寧に説明しておくべきでしょう。保証人が返済してくれるというのであれば、それはそれで問題はありません。保証人に迷惑を駆けたくないのなら任意整理という手もあります。任意整理によってほかの債務を返済し、奨学金だけは引き続いて返済していくことができる場合もあります。