自己破産したら影響があることとは?~知っておくべき基礎知識~

自己破産したら影響があることとは?~知っておくべき基礎知識~

自己破産したら影響があることとは?~知っておくべき基礎知識~

債務整理で自己破産を考えているが、自己破産したらふだんの生活にどのような影響が出るか、心配な人もいるかと思われます。この場合は、まず金融機関でのお金の借入や、ローンまたはクレジットカードの申込ができなくなります。この期間は約7年間です。ですから、しばらくは光熱費、あるいはプロバイダー料金の支払いなどは、現金決済にしましょう。また、ネットショッピングなどでカードが必要という場合は、デビットカードを作っておくと便利です。
それ以外に、自己破産したら出てくる影響として、金融業者からのDMがあります。これは、破産宣告により、官報に氏名が記載されるため、闇金業者が融資目的で送ってくるものが殆どです。しかし、闇金業者は違法であり、高金利で、しかも返済できない時の取り立てが厳しいため、絶対に利用しないようにしてください。
その他に、自己破産したら出てくる影響としては、金融業や士業関連で、一時的に就業できなくなることがあります。ただし、その期間を過ぎると元通りに仕事ができますので、解雇されるということはまずありません。また、賃貸物件にも住むことができます。ただし、保証会社付き物件や、家賃をカードで支払うタイプの物件は、入居できないこともありますので、大家さんがいるごく一般的な物件を探すといいでしょう。
自己破産による影響というのは、やはり何といっても借入やローンが出来なくなる点です。しかしそれ以外の部分では、特に劇的に変化するということはありません。むしろ、債務が帳消しにされる分、新しい意欲を持って生活再建が出来るというメリットもあるのです。